Sunday, July 4, 2010

ライフオブパイ

パイの物語ヤン・マーテルさんの「パイの物語」を読みました。
インドの人の少年が、難破して、どういうわけか虎と一緒に200日ほど漂流することになってしまう話。

おもしろかったです。
結構「物語」ということがテーマになっていたりするよい小説でした。

それはともかく、トマス・ピンチョン全集の刊行が始まってしまいましたね。
ワールドカップも決勝トーナメントに入っていて良かった。
まずは「メイソン&ディクソン」からですね。
トマス・ピンチョン休暇を取りたいです。

1 comment:

Anonymous said...

thanks for sharing.